自己処理の危険性

自己処理をするとどんな危険があるのでしょうか?

 

自己処理をしてはいけない理由を解説します。

カミソリは肌を傷つける

自己処理の危険性
カミソリでムダ毛を剃ると、実は「目に見えない傷」が付いています。

 

これを何度も繰り返していると、知らない間に傷が増え、修復が難しくなってしまいます。

 

特に、肌が弱い女性は要注意です。

毛穴が目立つ

カミソリで自己処理をすると、毛の切断面が露呈して、黒いブツブツに見えてしまいます。

 

また、毛抜きで自己処理をすると、毛穴がひっぱられて痛んでしまい、炎症により赤いブツブツになってしまうことがあります。

 

また、毛穴から雑菌が入り、炎症がひどくなることもあります。

埋没毛ができる

自己処理の危険性
埋没毛(まいぼつもう)とは、いわゆる「埋もれ毛」のことで、皮膚の下に毛が埋もれてしまい、抜くことも剃ることもできない状態です。

 

カミソリや毛抜きで自己処理をすると、毛が途中で切れてしまい、毛穴が塞がることにより皮膚の下に埋没してしまうことがあります。

 

このように、自己処理には様々な危険が伴いますので、脱毛サロンでプロに脱毛してもらうのが最も安全で効果的です。