脱毛サロンで行われている脱毛の種類と方法

脱毛サロンで行われている、本格的なムダ毛ケアにはいろいろな種類があります。

 

実際にサロンで施術してもらう前に脱毛方法の種類を知っておくことはとても大切ですよね。

 

自分に合った脱毛方法を選ぶためにも、サロンで行われている脱毛の種類とその方法について確認しておきましょう。

脱毛サロンで行われる脱毛の種類

脱毛の種類と方法
脱毛サロンで行われている脱毛の種類は大きく分けると次の3つがあります。

 

 

光脱毛
レーザー脱毛
ニードル脱毛

光脱毛

最近、脱毛サロンで人気の高い脱毛方法です。

 

ILP脱毛、フラッシュ脱毛、プラズマ脱毛、コスモライト脱毛の総称で、さまざまな波長の光を肌に当てることで脱毛していきます。

 

一度に照射できる範囲が広いので施術時間が短く、費用も比較的安価だといわれています。

 

また、光の効果で毛穴の引き締めもでき、美肌や美白に対する効果も期待できる一石二鳥の脱毛方法です。

 

デメリットとしては、1〜3カ月に一度程度の定期的な照射を1〜2年続ける必要がある点と、光を近づけすぎるとやけどする可能性があることがあげられます。

レーザー脱毛

レーザー脱毛は医療機関やクリニックで行われる施術で、メラニンという黒い色素に反応する特殊なレーザー光線をムダ毛の毛根部に当てて脱毛する方法です。

 

レーザー脱毛のメリットは、脱毛をしたいどのパーツにも対応可能なことです。

 

また、光脱毛に比べて効果が分かりやすいのもメリットです。

 

一方デメリットとしては、黒い色素に反応するレーザー光線を使用するので、日焼けしている人は施術ができないことや、狭い範囲へ集中して照射するので痛みを感じやすかったり、施術時間が長くなりがちなところがあげられます。

ニードル脱毛

もうひとつの脱毛方法は、ニードル脱毛です。

 

これは細い針を毛穴に刺し、電気や高周波を流して毛根を破壊する方法です。

 

この方法最大のメリットは、一度脱毛するとほとんど生えてこなくなるので、一回の施術で理想のツルツル肌を手に入れられることと、粘膜以外のすべてのパーツに施術が可能なこと、白髪や眉など、光脱毛・レーザー脱毛では施術できないパーツも脱毛できることです。

 

一方、最大のデメリットは痛みを伴うことです。また毛を1本1本処理しますので、施術時間がかかります。

 

針を毛穴に一つひとつ刺して処理しますので、針の刺激で赤みや出血を伴うこともあります。

特徴を理解して自分にあった方法を

脱毛の種類と方法
脱毛サロンで行われている脱毛方法には、それぞれのメリット、デメリットがあります。特徴をよく理解して、パーツごとに使い分けるのもおすすめですよ。